2004年 08月 27日
「謎の古代石カブレラストーン!!」
TV番組「奇蹟体験!アンビリバボー」でカブレラストーンが紹介されました。カブレラストーンとは番組紹介の文を借りると「1961年、ペルー・アンデス地方を大豪雨が襲い、付近を流れるイカ川がはんらん。砂漠の砂が下流へ押し流され、奇妙な石が周辺から発見されるようになった。その石には約6500万年前に絶滅したとされる恐竜と、約500万年前に出現したとされる猿人が共存する光景が描かれていた。」とあります。
b0001870_1414264.jpg

上写真は沢山あるカブレラストーンの一つです。図鑑などでおなじみの恐竜が描かれています。確かに恐竜に見えます。それにしても何だか、小学生の落書きみたいな絵ですね。

このストーンで注目される点は、
・この絵が1万年以上前に書かれていること(考古学者フェルナンド・ラス・カサス博士分析)。
・武器を持った人間が恐竜と戦っている絵があること。
(中にはステゴザウルスが人間を加えている絵もある…、草食な筈なのに…。)

以上の事から、恐竜と人間が共存していた時期があるのではないかと言うことです。

また、この石以外にも世界各地でいくつか人間と恐竜の共存を示す品が見つかっています。
・メキシコのアカンバロで、5000年前に作られた「恐竜土偶」が発見。
・アメリカテキサス州グレンローズで、多くの恐竜の足跡が発見、その中に、恐竜の足跡の中に人間の足跡が発見された。
・1990年にはモンタナ州立大学の調査団が、完全に化石化していないティラノサウルスの足の骨の化石を発見。化石の中から血液の成分であるヘモグロビンを検出。つまりこれは、ティラノサウルスがごく最近まで生きていた可能性を示唆している。


このカブレラストーンには恐竜以外にも注目すべき絵があります。
・天体観測をする古代人の様子。(望遠鏡を覗いています。)
・人間から心臓を取り出す図(高度な医療技術があった!?)


この後、番組では超古代文明の存在について触れていきます。
…。

超古代文明の話になると必ず出てくる、1500年前に作られた黄金の装飾品がやはり今回も出てきました。これは見た目、ジェット機に見える代物でNASAの航空力学者は、空を飛ぶ上で理にかなった形をしていると報告。でもあんなのが飛ぶとは思えないが…)。
また、3300年前に建てられたエジプトの古代遺跡、アビドス神殿の壁にはヘリコプターや潜水艦、ピストルと思われるレリーフ。さらにカイロ郊外にある、2000年前に建てられたハトホル神殿の壁画には、フィラメントまで描かれた電球と思われるもの。そして、人工衛星からしか見ることができない矢印(ナスカの地上絵)。

それにしても、もし、飛行機(ジェット機)を飛ばせるぐらいの科学文明が存在していたとしたら、その痕跡が残っている筈なんだけど出てこないですよね。金属や樹脂、化学製品なんかが文明消滅とともに、綺麗さっぱりなくなってしまうとは考えにくい。石版や石像、石に書いた落書きは見つかるのに…。
[PR]

# by saba_kan | 2004-08-27 01:41 | テレビ
2004年 08月 20日
元宇宙飛行士(現宇宙飛行士協会会長)が宇宙でのUFO目撃を暴露!
ロシアの宇宙飛行士ウラジミール・コワレノク氏(62歳・写真)が、任務中、船内からUFOを何度にも渡って目撃していた事実を公表したとのこと。コワレノク氏によれば、当時、他の乗組員らも同様に多数のUFOを目撃していたものの、事実を公表することを避けていたとして批判している。コワレノク氏は1977年から1982年までの間、延べ217日間に渡って宇宙ステーション・サリュート6号に滞在し、その間、数度に渡ってUFOを目撃、ある時は宇宙空間でUFOが爆発した場面さえ目にしたという。「とにかく、たくさんのUFOを見ましたね。うち一度はUFOが爆発して粉々になるところさえ目撃しました。」b0001870_1183540.jpg「他の宇宙飛行士達が何故"何も見なかった"などと嘘をつくのか、私には全く理解できません。とにかくあらゆる種類、形のUFOを軌道上で目撃しましたが、1981年には、特に奇妙な物体を目撃しましたね。
それが現われた時、私は当時の同僚ヴィクトル・サヴィンカをすぐに呼んだんです。彼はカメラを持ってきて物体を撮影しようとしたんですが、撮影しようとすると、それは突然爆発して、煙になってしまったんです。
(http://x51.org/x/04/08/1952.php#more)

宇宙飛行士協会会長という立場にある人物の告白だから重みはあります。嘘は言っていないように思いますが、宇宙では放射線が地上より遙かに強いため、幻覚を見るということは知られています。この場合も幻覚ではないか?という疑念は残ってしまいますが、経験豊富なベテラン宇宙飛行士の発言なので信憑性はあります。

こういう場合、カメラで撮影するのが一番です。コワレノク氏も当然カメラ撮影を試みられています同僚を通して、で、「彼はカメラを持ってきて物体を撮影しようとしたんですが、撮影しようとすると、それは突然爆発して、煙になってしまったんです。」
って、はぁ?…。突然爆発して煙に…。おいおいぉぃぉぃ…。(なんだかこういう所がロシアっほいですね。)

宇宙飛行士と管制官などの会話記録では結構衝撃的なものがあります。
有名なのでは、アポロ11号のアームストロング船長と管制室との会話
「あそこに例の宇宙船がある。クレーターの向こう側のふちにずらーと並んでいるんだ。奴らは月面で我々を監視している」というもの。
でもまぁ、アポロ11号は本当に月へ行ったのか?という根本的な疑惑まで持ち上がっている訳ですが…。

もう、何がなにやらですね。
[PR]

# by saba_kan | 2004-08-20 01:21 | びっくりニュース
2004年 08月 15日
「スピリチュアル ワーキング・ブック」
王様文庫「スピリチュアル ワーキング・ブック」江原啓之著

江原啓之といえば、テレビなどにも多数出演されている有名な霊能力者です。霊能力者にありがちな「あそこに霊がいます!ほら、そこにも!ぎゃーぎゃー」みたいな感じではなく、人には必ず付いているらしいガーディアン・スピリット(守護霊)と会話をすることにより、相談者のカウンセリングを行っておられます。

その江原啓之氏の著書が本屋に大量に並んでいます、その中から最新刊の「スピリチュアル ワーキング・ブック」を読んでみました。これはタイトルに「ワーキング」という言葉が入っているとおり、仕事についての内容となっています。読んだ感想ですが、これは巷に溢れるビジネス書よりも、ずっと役に立つと思います。現在、仕事に対して不満を持たれていたり、上手く行っていなかったり、疲れたりされている方は、この本を読むことにより、何かしら得ることが出来ると思います。

この本の冒頭で語られいる「8つの法則」について要点(私なりのまとめ)をメモしておきます。

■スピリットの法則
 私たちがこの世に生まれてきたのは、たましいを成長されるため。
■ガーディアン・スピリットの法則
 どんな人にもガーディアン・スピリット(守護霊)は存在する。
■グループ・ソウルの法則
 スピリチュアル・ワールドではスピリットはいくつもの集団になって存在している。
■ステージの法則
 ステージを決めるのは仕事の結果や業績ではなく、どれだけ学び輝いたかということ。
■波長の法則
 人は心に強く思うときエネルギーを生み出し、波長となって周りに影響を与える。
■カルマの法則
 自分のしたことは、良いことも悪いことも全て自分に返ってくる。
■運命の法則
 誰と出会うかは宿命、出逢った人とどういう関係を築いていくかは運命。
■幸福の法則
 経験から学ぶことができて初めて次のステップへ進める、それが本当の「幸福」。

この本では、上記の8つの法則のうちの「波長の法則」「カルマの法則」を中心に進みます。仕事をする上でこの2つの法則がいかに大事なのかが分かってきます。それが分かったときに、この本を読んで良かったと思えるとことでしょう。

参考までに目次をメモしておきます。
step.1 自分が本当にやりたいこと、わかっていますか?
step.2 毎日のちょっとしたことにも、大切な「気づき」は隠されています
step.3 運命に偶然はありません、すべてがあなたにとって大切な出会いです
step.4 「時間」を上手に使えると働くのがもっと楽しみになります
step.5 お金を味方につけるにはどうすればいい?
step.6 自信が生まれる「自分磨きのスピリチュアル・レッスン」
step.7 眠っている才能を開花させるスピリチュアル・テクニック
step.8 夢をかなえたいあなたへスピリチュアルワールドからのメッセージ

[PR]

# by saba_kan | 2004-08-15 12:00 | 読書
2004年 08月 13日
ロシアで宇宙船残骸を発見!

【モスクワ12日】ロシアのインタファクス通信の12日の報道によると、同国の科学者たちは100年近く前にナゾの大爆発が起きたシベリアのツングースカ地方でエーリアンの宇宙船の残骸を発見したと主張している。発表したのはツングースカ宇宙現象基金の科学者たちで、1908年にツングースカ川の近くに落下した、地球外生命のつくった装置の残骸を見つけたと言っている。
人里離れたツングースカで起きた爆発は20世紀の最大の科学的ミステリーになっている。1908年6月30日、ツングースカ川の数キロ上空で大爆発が起き、2000平方キロの森林が破壊された。爆発の震動は何百キロも離れたところでも感じられた。隕石が落ちたものと広く考えられているが、何が落下したのかは正確には分かっておらず、どこから飛んできたのかもナゾのままで、多くの仮説と論議を引き起こしている。〔AFP=時事〕
(http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20040812/040812065130.53j8y98.html)

巨大なクレーターの残るツングースカの大爆発といえば、これまで隕石や彗星の落下、はたまた、極小ブラックホールの落下など、結構いろんな説があって面白いんだよね。

当時の現地人の話によると、光る物体がジグザクに飛びながら落ちていったという目撃談も多数あるらしい。でもこの目撃談ってアカデミズムからは完全無視。
学者の頭の中だけで考えた推論よりも目撃者の証言の方が断然信憑性があって重要視しなければならないと思うのだが…、突飛な内容だと無視だもんなぁ。
でも、今回の発見が正しいとなると、面白いことになりそうだ。
[PR]

# by saba_kan | 2004-08-13 00:44 | びっくりニュース
2004年 08月 13日
なんて気持ち悪い生物なんだ!
「カエルの卵? それともクラゲ?」-。国立公園・三瓶山のふもと、大田市三瓶町の浮布池でこのほど、クラゲのような生き物、オオマリコケムシが山陰地方で初めて確認された。
 七月から、直径数十センチから一メートルほどの寒天状で、表面に白い編み目模様のある物体が多数確認され始めた。住民からの問い合わせで、県立三瓶自然館が専門家に依頼するなど調査した結果、北米原産で一九七〇年代に国内で確認され、全国各地に分布を広げている外肛動物門ヒテンコケムシ科のオオマリコケムシと分かった。
 同自然館の皆木宏明学芸員(29)は「プランクトンを食べ、イソギンチャクに近い仲間。毒などはない」という。
(http://www.sanin-chuo.co.jp/news/2004/08/10/04.html)
b0001870_020171.jpg

なんだよこれ…。気持ち悪い…。
[PR]

# by saba_kan | 2004-08-13 00:23 | 雑学的ニュース