2004年 09月 11日
田んぼに巨大ドラえもんが現る!
山形県大江町の実りを迎えた水田にアニメの人気キャラクター「ドラえもん」が登場。近くの橋に登ると、広さ30アールの水田に縦25メートル、横15メートルの大きな姿を見渡せる=写真。同町本郷南部生産組合(渡辺祐司組合長)が5月中旬、たんぼに「はえぬき」の苗を植えて1週間ほどしてから、絵の輪郭部分を生育が遅い古代米の苗と植え替えて作り上げた。はえぬきの黄金色に浮かぶ古代米の青色が、アニメ上のドラえもんの空色の体色を思わせて評判を呼んでいるが、今月中には刈り取られてしまうという。
(http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200409/sha2004091103.html)
b0001870_130325.jpg


なんだよ、このドラえもん…。
なんだよ、このドラえもん…。
[PR]

# by saba_kan | 2004-09-11 12:59 | 雑学的ニュース
2004年 09月 03日
驚愕技術!背中で顎を育てる!
癌の手術で失った顎に、自分の背中で育てた下顎の骨を移植する手術が成功しました。
手術と手術後の経過の概要が2004年8月28日のLancet誌に発表されています。
まず3Dスキャンによって、失われた下あごの部分の立体構造を視覚化し、その立体構造をもとにしてテフロンで下あごの鋳型を作ります。このテフロンの鋳型をチタンの籠で覆い、テフロンを取り除いた後に骨髄細胞でコートした骨塩をチタンの籠の中に充填します。
骨塩と骨髄細胞が詰まったチタンの籠は患者の肩甲骨の下に移植し、7週間経った後に取り出して下あごの部分に移植されました。
下あごの移植手術から4週間以内に患者は固形物を噛み砕いて食べることができるようになりました。
(http://www.biotoday.com/view.php?n=4500)

b0001870_1033039.jpg
写真(http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/3598710.stm)


いや~もう、なんでもありの世の中になってきました。
[PR]

# by saba_kan | 2004-09-03 10:34 | 雑学的ニュース
2004年 09月 03日
浅間山の「火映」現象
b0001870_10135020.jpg
上図、浅間山で起きた「火映現象」(8月12日、松本大輔さん撮影)
(http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20040903ic01.htm)

b0001870_10141992.jpg

8月24日夜、東京都文京区の小学校教諭・田中千尋さんが別荘のある群馬県長野原町の浅間山麓(さんろく)で撮影。気象庁火山課によると、火口の中が数百度まで高まって赤熱すると、火口上空にある雲や噴煙がスクリーンの役目をして赤く映る「火映現象」が起きることがある。赤外線を使った温度測定で、火口の中は8月10日に570度になっていた。(中略)
火映現象が噴火の予兆というわけではないが、東大地震研究所の中田節也教授は「火口内が非常に高温になっていた証拠。このころから火口の下に、溶けたマグマの蓄積があったのだろう」と話している。
(http://www.asahi.com/top/update/photonews/0902/TKY200409020267.html)

噴火の1週間以上前にこんな現象が起こることがあるとは知りませんでした。
今回の浅間山の噴火による降灰量は5万トンだそうですね。たった一回の噴火で5万トン!自然の威力って凄まじい。もし、富士山なんかがドカン!と大噴火したら日本はやばいことになりそうだと、恐怖を予感させます。これまでは、生きているうちに富士山の噴火がみたいなぁと呑気なことを思ったりしていたけれど…。
[PR]

# by saba_kan | 2004-09-03 10:14 | 雑学的ニュース
2004年 08月 29日
双頭の蛇が発見される!
八岐大蛇(ヤマタノオロチ)ならぬ双頭の幼蛇発見-。生後間もない頭が2つあるシマヘビが今月中旬、高尾野町で見つかった。鹿児島市の鹿児島大学総合研究博物館(館長・大塚裕之理学部教授)に寄贈されるまでに死に、調査資料として冷凍保存された。
発見したのは高尾野町上鶴の会社員、吉永清冨美さん(55)。17日午前11時ごろ、自宅の家庭菜園にいるのを見つけた。
(http://373news.com/2000picup/2004/08/picup_20040829_10.htm)
b0001870_1213898.jpg

脱皮とかどうやってするのだろう~。
ちなみに中国には、双頭の蛇を見た者は必ず死ぬという話があるそうだ。
といっても死なない人間はいないけどね。
[PR]

# by saba_kan | 2004-08-29 12:01 | びっくりニュース
2004年 08月 28日
金メダル「野口みずき」がツチノコを発見していた!
あなたはツチノコを見たことありますか? マラソン界きっての天然娘・野口はまた見た。まさにミラクルだ。それはスイス・サンモリッツ合宿を打ち上げる12日の朝練のときだった。
「草むらから“サササササ~ベーンッ!”って跳びはねたんです。去年見たのとは違った。新種ですよ、あれは」野口によると、驚異の跳躍力で姿を現し、体長は30センチほど。体色は茶で、背中に斑点があり、舌がピロピロ出ていたとか。昨年のサンモリッツ合宿で初めてツチノコを目撃し、興奮も冷めやらぬまま迎えたパリ世界選手権では見事に銀メダルでアテネ五輪代表権を獲得した。空想上の生物ツチコノを見たつもりになることは、野口にとって吉兆なのだ。さらに続ける。「UFOも見ました。8月1日のスイスの独立記念日でした。青白い炎が2つ見えたんです」。(http://www.sanspo.com/athens2004/athletics/news/0820/at2004082007.html)
b0001870_5382061.jpg
上図は野口みずき本人による絵。


いやーなんと!マラソン金メダリストの野口がツチノコを発見していたとは!
しかも、外国スイスで!
もう二重の驚きです。

それにしても、このイラストのセンスはさすが金メダリスト!
何かが違います!!

さらに、UFOも目撃していたとは!
一気に野口みずきのファンになりました。
[PR]

# by saba_kan | 2004-08-28 05:41 | びっくりニュース