2005年 01月 16日
5色の豚が産まれる。
陝西戸県牛東郷西正庄の白軍良さん宅で、黄色、黒、灰色、白、花模様の5色に分かれた13匹の子ブタが産まれた。子ブタは全て健康に育っており、母ブタも健康に問題ないという。生物学者は、「遺伝子の特殊変異で極めて珍しい例」と言っている。
b0001870_0251761.jpg
(http://www.hellonavi.com/news/freaknewsjp.php?PHPSESSID=&id=105429)

あやしい…
[PR]

# by saba_kan | 2005-01-16 00:26 | びっくりニュース
2005年 01月 13日
「毎年5センチ成長する山」があるという。
広州増城新塘の石下村に、毎年高さの変わる山がある。この山は、草も生えない石のような丸い山で、今も毎年5センチほどずつ成長している不思議な山だ。(写真中、山の表面に見えるのは苔。)
石下村は清代の複昌橋を有していることから広州の文化財保護地区に指定されている。新塘村では、複昌橋と、成長する山の2つを観光名所としたいとの考えを表明している。
b0001870_0291575.jpg
(http://www.hellonavi.com/news/freaknewsjp.php?PHPSESSID=&id=105138)

そのうちパカッと割れて何かが出てきたり…。
[PR]

# by saba_kan | 2005-01-13 00:30 | 雑学的ニュース
2004年 12月 26日
動物のテレパシー能力
猫は、飼い主が獣医に連れていく予定を立てると、それを察知するようです。 ロンドン在住の女性は次のように語ります。 「自分の猫を獣医に連れていく時期がやってきたら、感づかれないよう最深の注意をはらいます。 ところが、当日の朝、起きた時点から、猫は私を疑り深い目で見るのが常なのです。 いつもの愛らしいふるまいとは裏腹に、私をひどく警戒するそぶりを見せるんです。 そして、家を出るときになったら、猫は一目散で逃げようとします。」
 これと似た話を幾度となく耳にしたので、調査を実施することにしました。 電話帳に記載されている、ロンドン北部の獣医に電話を入れ、聞き込みをおこなったのです。 その結果、猫の定期健康診断が頻繁にキャンセルされていることが判明しました。 キャンセルされたのは、飼い主が猫を見つけられなかったからです。 なんと65人中64人の獣医から同じ答えが返ってきました。 残りの獣医ひとりに到っては、予約システムそのものを廃止したそうです。 なぜなら、キャンセル件数があまりにも多かったからです。 それで、飼い主は予約なしで猫を病院に連れていかなければならない羽目になったのでした。 猫に気づかれないよう、職場から獣医に電話を入れた人も何人かいたそうですが、それでも猫は飼い主の意向を察知したとのことです。

 いっぽう、犬もまた飼い主の気持ちを理解できるようです。 飼い主が散歩に出かけようとすると、その意向を察知するのだそうです。 散歩の時間が決まっているのだったら、それは不思議でも何でもありません。 また、飼い主が手綱を手に取るのを犬が見た場合も然り。 ところが、散歩の時間でなくても、外出することを考えただけで犬がうれしそうに部屋に飛び込んでくるというのです。 これについては、実験でも証明されています。 飼い主が無作為に選ばれた時間に散歩に出かけることを考えただけで、犬は飼い主の気持ちを理解したそうです。 犬が屋外で飼われている場合でも結果は同じでした。 なお、この実験は映像に記録されています。

 ペットのテレパシー能力は広く認識された事実です。 私がイギリスとアメリカの飼い主を対象におこなった調査によりますと、犬の飼い主45パーセントと、猫の飼い主32パーセントが、「自分のペットは時々テレパシー能力を発揮する」と語っています。 飼い主が旅行に出かけるのを事前に察知できるペットも多数います。 たとえ飼い主が荷造りをしていなくても、感づくのだそうです。 また、飼い主の帰宅を察知できるペットは、扉や窓のそばで帰宅を待っているそうです。(ルパート・シェルドレイク)
(http://stars.metawire.com/japan/aninstinct.htm)

人間は、長い年月をかけて言葉を獲得したわけだけど、猫や犬も人間と同じ位かそれ以上の歴史を持っているわけですから、言葉の代わりにテレパシー能力を獲得していたとしても、それ程おかしくはないかも知れません。本当は言葉を使える人間が異常であって、テレパシーを使えることが地球上の生物にとって普通のことかも。

もし仮に、明日突然人間がテレパシーを使えるようになったら、我欲が強い人間のことだから、きっと短期間で滅亡しそうだな。
[PR]

# by saba_kan | 2004-12-26 16:32 | オカルトめも
2004年 12月 23日
ジョン・レノン、宇宙人と遭遇していた!
宇宙人→ジョン・レノン→ユリ・ゲラーと渡った謎の物体
b0001870_1442265.jpg
(http://www.uri-geller.com/megg.htm)
『Sunday Telegraph』紙によると、レノンはこの出来事をゲラーにこう説明したという。「ヨーコとダコタ(レノンのNYのアパートメント)の寝室で寝てたら、突然目が覚めたんだ。まぶしい光がドアの鍵穴から差し込んでるのが見えてさ。誰かがサーチライトを照らしているか、アパートメントが燃えてるって思って。だから急いでベッドから飛び起きてドアを開けたんだ。そしたら、そこに4つの生物がいたんだよ。小さくて昆虫みたいな生き物だった。虫みたいな目と口を持ってて、ゴキブリみたいな動きで俺に近づいて来たんだ」

レノンはその時、ドラッグを使用しておらず、それらは間違いなくエイリアンだったと断言したという。「薬でハイになってたわけじゃない。ハイになったことは何度もあるけど、あんな変なもの見たことない。それに夢を見てたわけでもない」

レノンは、この生き物から卵の形をした物体をもらったが「こんな物は取っておきたくない」と、ゲラーにそれを手渡したという。同紙は、その金色をした小さな物体の写真を掲載している。レノンは、「これが他の惑星へ行くためのチケットだとしても、俺はそんなところへは行きたくない」と話したという。
(http://music.yahoo.co.jp/rock/music_news/barks/20041210/lauent002.html)

「ゴキブリみたいな動きで俺に近づいて来たんだ」って…どんな動きだよ(笑)
[PR]

# by saba_kan | 2004-12-23 14:45 | びっくりニュース
2004年 12月 13日
ワシントン上空に現れたエンジェル!?
米国首都ワシントンで行われていたハヌカー祭にて、メノーラ点灯中に撮られた写真に偶然なぞの飛行物体が写っていたそうです。写真右上の青い物体。2体のエンジェルの様にも見えますね。
b0001870_0551867.jpg
(http://worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=41819)

[PR]

# by saba_kan | 2004-12-13 00:56 | びっくりニュース