カテゴリ:読書( 1 )

2004年 08月 15日
「スピリチュアル ワーキング・ブック」
王様文庫「スピリチュアル ワーキング・ブック」江原啓之著

江原啓之といえば、テレビなどにも多数出演されている有名な霊能力者です。霊能力者にありがちな「あそこに霊がいます!ほら、そこにも!ぎゃーぎゃー」みたいな感じではなく、人には必ず付いているらしいガーディアン・スピリット(守護霊)と会話をすることにより、相談者のカウンセリングを行っておられます。

その江原啓之氏の著書が本屋に大量に並んでいます、その中から最新刊の「スピリチュアル ワーキング・ブック」を読んでみました。これはタイトルに「ワーキング」という言葉が入っているとおり、仕事についての内容となっています。読んだ感想ですが、これは巷に溢れるビジネス書よりも、ずっと役に立つと思います。現在、仕事に対して不満を持たれていたり、上手く行っていなかったり、疲れたりされている方は、この本を読むことにより、何かしら得ることが出来ると思います。

この本の冒頭で語られいる「8つの法則」について要点(私なりのまとめ)をメモしておきます。

■スピリットの法則
 私たちがこの世に生まれてきたのは、たましいを成長されるため。
■ガーディアン・スピリットの法則
 どんな人にもガーディアン・スピリット(守護霊)は存在する。
■グループ・ソウルの法則
 スピリチュアル・ワールドではスピリットはいくつもの集団になって存在している。
■ステージの法則
 ステージを決めるのは仕事の結果や業績ではなく、どれだけ学び輝いたかということ。
■波長の法則
 人は心に強く思うときエネルギーを生み出し、波長となって周りに影響を与える。
■カルマの法則
 自分のしたことは、良いことも悪いことも全て自分に返ってくる。
■運命の法則
 誰と出会うかは宿命、出逢った人とどういう関係を築いていくかは運命。
■幸福の法則
 経験から学ぶことができて初めて次のステップへ進める、それが本当の「幸福」。

この本では、上記の8つの法則のうちの「波長の法則」「カルマの法則」を中心に進みます。仕事をする上でこの2つの法則がいかに大事なのかが分かってきます。それが分かったときに、この本を読んで良かったと思えるとことでしょう。

参考までに目次をメモしておきます。
step.1 自分が本当にやりたいこと、わかっていますか?
step.2 毎日のちょっとしたことにも、大切な「気づき」は隠されています
step.3 運命に偶然はありません、すべてがあなたにとって大切な出会いです
step.4 「時間」を上手に使えると働くのがもっと楽しみになります
step.5 お金を味方につけるにはどうすればいい?
step.6 自信が生まれる「自分磨きのスピリチュアル・レッスン」
step.7 眠っている才能を開花させるスピリチュアル・テクニック
step.8 夢をかなえたいあなたへスピリチュアルワールドからのメッセージ

[PR]

by saba_kan | 2004-08-15 12:00 | 読書