カテゴリ:オカルトめも( 6 )

2005年 03月 06日
明晰夢と幽体離脱体験
前回は明晰夢について書きました。 明晰夢とは、夢を見ている最中、自分が夢を見ていることを意識する状態をいいます。 これは幽体離脱体験と似通っています。 夜、夢を見ない人はいません。 それに、「夢の体」を持たない人もいません。 「夢の体」とは、私たちの肉体がベッドで寝ている最中、夢のなかで活動する体のことです。 明晰夢は単に普通の夢が鮮明になったものに過ぎないのでしょうか? それとも、夢のなかで旅行することによって、現実の世界で起こっているできごとを目撃することは可能なのでしょうか? 夢のなかで現実のできごとを目撃したという読者から、次のような体験談が寄せられました。
ノーマさんはご両親と一緒に住んでおられます。 ある金曜日の夜、ご両親が外出し、彼女はふたりが帰宅する前に眠りにつきました。 夢のなかで、彼女はご両親と一緒に家路を急いでいました。 彼女は次のように語ります。 「私は両親の注意を引こうとしたのですが、ふたりとも気がつきませんでした。 帰宅後、母は毛皮のコートを着たままで炒め物を料理しました。 私はその様子をこの目ではっきり見たのです。」 翌日、お母様はこの目撃談が真実だということを確認したそうです。

ベッキーさんのボーイフレンドが瞑想センターにいたときのことです。 彼は瞑想中、ベッキーさんの元を訪ねることにしました。 彼は自分の体を離れ、彼女の家を訪問しました。 彼はそこで目にした情景を正確に描写したそうです。 ベッキーさん自身、ボーイフレンドの姿を見たといいます。 「彼は廊下に立ち、私をじっと見つめていました。」

リンダさんのお父様はガンのため、息を引き取る間際にありました。 彼女は夢のなかで何百キロも離れた病院を訪れ、お父様の寝ているベッドの上に座ったそうです。 しばらく会話を交わしたあと、お父様は「もう行ってもいいよ」と語りかけ、目を閉じました。 リンダさんは病室をあとにしました。 翌日、妹さんから電話が入り、夜間にお父様が亡くなったことを告げられたのでした。 リンダさんは妹さんに病室の模様を正確に描写しました。 でも、彼女は病院を訪れたこともなければ、話に聞いたこともないのです。 「父が亡くなったとき、私は確かに病室で父のそばに付き添っていました。 そのことについては、今日に到るまで一点の疑いもありません」とリンダさんは語ります。

そんなことは不可能だという人がいます。 でも、どうしてそこまで確信を持っていえるのでしょうか? 「夢の体」と現実の空間との関係については、まだほとんど何も分かっていないというのに…。(ルパート・シェルドレイク)
以上(http://stars.metawire.com/japan/chokkan.htm)より。

日本では「枕元に立つ」や「夢枕に立つ」という言葉があります。歴史に名を残しているような偉人には、結構「枕元に立つ」等の夢の中での体験をされることがあり、これを「天啓」として受け取って人生を切り開いた、なんて言う話は多数ありますね。
現代人は、忙しさのあまり睡眠時間を削りがちですが、忙しいからこそ、夢を見る時間を充分にとることが大切かつ必要なのかもしれません。
[PR]

by saba_kan | 2005-03-06 15:53 | オカルトめも
2004年 12月 26日
動物のテレパシー能力
猫は、飼い主が獣医に連れていく予定を立てると、それを察知するようです。 ロンドン在住の女性は次のように語ります。 「自分の猫を獣医に連れていく時期がやってきたら、感づかれないよう最深の注意をはらいます。 ところが、当日の朝、起きた時点から、猫は私を疑り深い目で見るのが常なのです。 いつもの愛らしいふるまいとは裏腹に、私をひどく警戒するそぶりを見せるんです。 そして、家を出るときになったら、猫は一目散で逃げようとします。」
 これと似た話を幾度となく耳にしたので、調査を実施することにしました。 電話帳に記載されている、ロンドン北部の獣医に電話を入れ、聞き込みをおこなったのです。 その結果、猫の定期健康診断が頻繁にキャンセルされていることが判明しました。 キャンセルされたのは、飼い主が猫を見つけられなかったからです。 なんと65人中64人の獣医から同じ答えが返ってきました。 残りの獣医ひとりに到っては、予約システムそのものを廃止したそうです。 なぜなら、キャンセル件数があまりにも多かったからです。 それで、飼い主は予約なしで猫を病院に連れていかなければならない羽目になったのでした。 猫に気づかれないよう、職場から獣医に電話を入れた人も何人かいたそうですが、それでも猫は飼い主の意向を察知したとのことです。

 いっぽう、犬もまた飼い主の気持ちを理解できるようです。 飼い主が散歩に出かけようとすると、その意向を察知するのだそうです。 散歩の時間が決まっているのだったら、それは不思議でも何でもありません。 また、飼い主が手綱を手に取るのを犬が見た場合も然り。 ところが、散歩の時間でなくても、外出することを考えただけで犬がうれしそうに部屋に飛び込んでくるというのです。 これについては、実験でも証明されています。 飼い主が無作為に選ばれた時間に散歩に出かけることを考えただけで、犬は飼い主の気持ちを理解したそうです。 犬が屋外で飼われている場合でも結果は同じでした。 なお、この実験は映像に記録されています。

 ペットのテレパシー能力は広く認識された事実です。 私がイギリスとアメリカの飼い主を対象におこなった調査によりますと、犬の飼い主45パーセントと、猫の飼い主32パーセントが、「自分のペットは時々テレパシー能力を発揮する」と語っています。 飼い主が旅行に出かけるのを事前に察知できるペットも多数います。 たとえ飼い主が荷造りをしていなくても、感づくのだそうです。 また、飼い主の帰宅を察知できるペットは、扉や窓のそばで帰宅を待っているそうです。(ルパート・シェルドレイク)
(http://stars.metawire.com/japan/aninstinct.htm)

人間は、長い年月をかけて言葉を獲得したわけだけど、猫や犬も人間と同じ位かそれ以上の歴史を持っているわけですから、言葉の代わりにテレパシー能力を獲得していたとしても、それ程おかしくはないかも知れません。本当は言葉を使える人間が異常であって、テレパシーを使えることが地球上の生物にとって普通のことかも。

もし仮に、明日突然人間がテレパシーを使えるようになったら、我欲が強い人間のことだから、きっと短期間で滅亡しそうだな。
[PR]

by saba_kan | 2004-12-26 16:32 | オカルトめも
2004年 10月 10日
アメリカで宇宙人の子供が育てられていた!
【ニューメキシコ州タオス発】
 1993年9月のUFO墜落事故でショッキングな事実が暴露された。
 宇宙船に乗っていた4人の乗組員が黒こげになって発見されたのだが、その時、赤ん坊がただ一人、生き延びていたのだ。
 このたび、ニューズ誌にこの事実を明かしたのは、政府関係の精神科医をしており、その赤ん坊の5年間にわたる育児に深くかかわってきた人物である。
 匿名を希望する精神科医は、「赤ん坊は成長し、5歳の少女になっています。優しい看護婦に母以上の愛を受け、幸せに暮らしています。ところが、政府は研究のために少女を住み慣れた家から離し、慣れ親しんだ看護婦から引き離して、ワシントンの実験室に連れていく計画を立てているのです。この子の安全を守るために事実を公表することに決めたのです」と説明した。
 5年前、政府は、黒こげになった宇宙船から発見された見慣れない赤ん坊の扱いに苦慮した。相談の末、赤ん坊が生まれた惑星に似ていると思われる環境---砂漠地帯---の研究室に移し看護婦を1人つけたのだ。看護婦はその赤ん坊を優しく、厳しく、細心の注意を払って育ててきた。
「そのおかげで少女は素晴らしく成長しました。知能が非常に高く、高度な数学をマスターし、17か国語話します。IQは5歳で180という以上に高い数字を示しています」と精神科医は語る。
b0001870_16425774.gif
このたび、少女の並外れた知能に関心を持った政府が、少女を科学的に研究するためにワシントンに連行しようとしているのだ。
 「少女が今、看護婦から離されたら弱りきって死んでしまうでしょう」と語る精神科医は、看護婦の名前を明かすことは拒否したが、少女の様子を次のように説明した。
 「年の割には体は大きく、アーモンドのような目をしています。頭に毛はなく、尖った耳と小さめの鼻を持っています。長い指の先端は細く尖っていて、肌はツルツルしていて抱きにくいので、看護婦は抱き締めるとき、吸着装置を使用しているそうです」
 そして、最後に「私は見識あるアメリカ国民に訴えたいのです。政府がこの少女を住み慣れた家から移さないよう皆で訴えてほしいのです」と結んだ。
平成10年9月22日付 東京スポーツ 9面より
(http://eccp.to/eccn/ts12.html)

5歳でIQ180、17カ国語を話す…。やはり宇宙人って頭いいんですね。
[PR]

by saba_kan | 2004-10-10 16:44 | オカルトめも
2004年 09月 11日
謎の発光体「オーブ」の正体
テレビの心霊番組で最近流行っているのがオーブ!写真に写り込んだ宙に浮いた白い円形状の光の玉です。一つだけであったり、複数写っていたりします。

霊能者がタレントを引き連れて心霊スポットへ向かいます、そこで、霊能者が怪しいと言った場所を撮影してみると、ほらっ写った!これが霊よ~、というのがよくあるパターンですよね。一昔前までは、顔であったり、怪しい影や光が写って初めて心霊写真とされていましたが、最近では、オーブも心霊写真として扱われるようになりました。番組制作者からすると、ずいぶん楽になったなぁと思っているかもしれませんね。

で、このオーブって何なのでしょう? 本当に心霊現象なのでしょうか?

やはりここは写真の専門家の意見も聞く必要があります。そこで見つけてきたのが、富士フイルムのサイトのFAQ。ちゃんとここに載っているではありませんか。
■ 原因
空気中には、いつもかなりの塵や埃が舞っています。映画館で、投影機の光の中に、それらがキラキラ光っているのを見た経験はあると思います。
カメラで撮影するときにも、実は常に同じように近くに塵や埃が舞っています。ストロボ撮影の場合、ストロボの光がそれらに反射して、カメラの方に戻って来ることがあります。カメラの至近距離にある塵や埃は、写されるとき当然ピンボケ状態であり、しかも遠くの主被写体よりも強く光を反射するので、カメラにそれらが撮影されてしまうと、丸い白っぽい物体となって記録されます。これは塵や埃のピンボケ画像です。
この現象は、和室で布団を敷いた直後に撮影すると、比較的容易に再現することができます。実際の撮影では建築現場・工事現場でよく発生します。また、降雨中、降雪中にも起こることがあります。ストロボとレンズの位置が近い、コンパクトタイプのカメラで発生しやすい現象です。(http://www.fujifilm.co.jp/faq/dmg/halation.html)
b0001870_14475335.jpg
上写真は(http://www.fujifilm.co.jp/faq/dmg/halation.html)より。


うーむ、心霊番組で取り上げられているオーブ写真とほとんど同じに見えます。以前、テレビでオーブを解明するという企画をやっていました。そこでもやはりオーブの正体は「ホコリ」。ホコリを舞わせて、フラッシュをたきながら撮影するとオーブと同じ物が沢山写っていました。

そうなると、最近話題のオーブ写真のほとんどは「ホコリ」と考えてもよさそうです。
撮影時に別の心霊現象(ラップ音、声が聞こえた、シャッターが下りない、体に異変など)が伴う場合も中にはあります。しかしこれは、それらの心霊現象とオーブ写真とは関係ないのかも知れません。たまたまタイミングが重なっただけ(偶然)とも考えられます。
(といっても、偶然ということ自体も、何らかの意志による働きによるものと考えられなくもありませんが…。などと考えるとキリがありませんが…。)
[PR]

by saba_kan | 2004-09-11 14:51 | オカルトめも
2004年 08月 07日
国連は宇宙人と直接接触している!
地球で働く宇宙人たち
<中略>
この頃、私にとってある一つの「事件」がありました。
<中略>
その当時、私が接触していた「ある公的な人物」が、現在で言う民主党の何人かの政治家たちを連れ、ニューヨークの国連本部に案内し、その「宇宙的なアプローチ」に参加していた時期がありました。
<中略>
彼はまず私に、こう言いました。
「結局、韮澤さんの言った通りだったよ。国連は宇宙人と直接接触してるんだね。」
<中略>
「むこうで日本の政治家を連れて国連のスタッフに会っている時、話が問題の核心に近付くと、彼(国連職員)の口から信じられないような言葉が出て来たんだよ。
あまりにも驚いたので、その人たち(日本の政治家)にはその言葉の通訳することも、説明することも出来なかったよ。私はただじっと聞きながら、その言葉の意味することを噛みしめてたよ。全身に鳥肌が立つのを感じたね。」
「要するに、彼(国連職員)は『しょっちゅう宇宙人と会っている』と言うんだ。そして『指示を受けている』と。それは『国連の中に宇宙人がいる』ってことになるんだよ。そうでないと、毎日のように会うことなんて出来ない訳だし。しかも国連の重要スタッフも、この問題には関わっているようだし……」
<以下略>
(全文:http://tamabook.com/j_nirasawa/2004/49.html)

以上は、たま出版社長の韮澤潤一郎氏の最新コラムです。
韮澤氏と言えば、UFO絶対肯定派でTVにも度々出演されるなど有名人ですね。
今回の話(国連が宇宙人をコミュニケーションをとっている)も信じがたい話ではありますが、韮澤氏自身は嘘を付いているとは思えないんですよね。韮澤氏へ伝えた人物が嘘を言っているのか真実なのか…そこがいつも問題。

今回この話にしても、韮澤氏へ伝えた人物が
「その人たち(日本の政治家)にはその言葉の通訳することも、説明することも出来なかったよ。」
って、なぜ通訳しないんだ!その国連職員は日本の政治家に対して発言しているのだろうに。
「私はただじっと聞きながら、その言葉の意味することを噛みしめてたよ。」
おいおい、何やってんだよ…。その場で第三者へ伝えなきゃ、これじゃ、妄想だと言われても仕方がない状況だと言えると思う。

韮澤氏はテレビ等で興味深い話を沢山してくれるので面白いのですが、そういう立場にある人には色んな人がよってくるわけで、その人達が真実を言っているのか嘘を言っているのかは、私には分かりようがありませんが、踊らされている事も可能性としては有ると言うことを、韮澤氏自身もそして我々も認識した上で話を読まなければならないでしょうね。
[PR]

by saba_kan | 2004-08-07 11:48 | オカルトめも
2004年 08月 06日
近頃のミステリーサークルって大変な事になってる!!
だいぶ前に日本でミステリーサークルが話題になったときは、単なる円や円を複数組み合わせた程度でした。
そして、毎年ちょっとずつ複雑になってきているという話でした。では、今はどんなふうになっているのかなぁ、さぞや複雑に~と期待しながら最新のサークルをネットで見つけてきたら…、

ぎゃー!予想以上の複雑さ!なんじゃこりゃーです。
2004年8月2日発見のミステリーサークルを見て下さい。ラーメンのどんぶりの模様見たいになっています。
b0001870_1371946.jpg

(写真:http://cropcircleconnector.com/2004/silburyhill2/silburyhill2004b.htmlより)

それにしても、農場主に見つからないように一夜にして、作り上げたと思うと立派です。
さすがに、自然現象ではないでしょうね。そう言えば昔、大槻教授がプラズマで同じもの作ってやると言っていたけどどうなったのかな?

作ったのは宇宙人という説もあるけど、宇宙人ならもっと他にやることあるだろ!サークル作っている暇があるなら地球温暖化とか戦争とかを何とかしてほしいなぁ。日本じゃ台風がおかしな動きをしてるって言うのに…。
というか、農場主が可哀想じゃないか!サークル作ったら、損害賠償として「金銀財宝」を置いていってやれよ。
もーぷんぷん!
[PR]

by saba_kan | 2004-08-06 01:41 | オカルトめも