カテゴリ:テレビ( 6 )

2004年 09月 19日
FBI超能力捜査官マクモニーグル
昨夜放送された「FBI超能力捜査官 第7弾」を見て一日経ったわけだけど、記憶に残っているのはジョー・マクモニーグル氏の凄さ。この番組がヤラセではないのならば、このマクモニーグルの超能力は本物です!

彼の能力はリモートビューイング(遠隔透視)で、自宅(アメリカ)に居ながら日本での事件などを透視することができます。それも依頼内容の書かれた手紙の封を開けることなく、その透視は依頼内容が何なのか?という段階の透視からスタートするから驚きです。その後、画用紙に、主要人物の性別、年齢、特徴、そして依頼内容などを書き出していきます。
今回の放送でも、行方不明の母親の居場所を探し出すのに成功しました。その際に彼が透視を用いて描いた地図の正確さには驚かされます。もう見えているとしか思えない綿密さでした。

10月2日に同局にて、マクモニーグルSPが放送されるそうなので、今から楽しみです。
b0001870_22115992.jpg
しかし、大外れもあります。この手の番組をよくご覧になるかたは記憶にあると思いますが、イラク戦争中にテレビでフセインの居場所について透視しています。彼の透視によると、アメリカの空爆によって爆死しているとのこと。しかし、実際はというと、この透視の随分後になりますが、フセインはアメリカ軍によって生け捕りにされました。
マクモニーグルでも外れることはあるということになりますが、何故はずれるのでしょうか?
今回の放送で、「なぜ封筒(依頼の書かれた手紙)を開けずに透視するのか?」という質問を受けていましたが、彼は「外から得られた情報と、自分が透視した情報の区別がつかなくなり混乱する」という様な回答をしていました。
このことをフセインの件に当てはめると、フセインの件は全世界の注目事項であり、色んな情報が飛び交っいて、その中には、最初の空爆で爆死したらしいという報道が多くあったことを考えると、これらの情報と透視の情報との区別がつかなくて、誤ったのではないかと考えることもできます。

また、マクモニーグルは興味深い透視も行っています。火星に地下都市があるというのです。それも現在でも存続中の文明というから驚きです。
彼の透視によると、知る人ぞしるあの火星の人面岩とピラミッドのあるシドニア地区、あの地域に地下都市あるそうです。またその文明の一部が地球に渡り、エジプト文明を起こしたと言っています。
[PR]

by saba_kan | 2004-09-19 22:14 | テレビ
2004年 08月 27日
「謎の古代石カブレラストーン!!」
TV番組「奇蹟体験!アンビリバボー」でカブレラストーンが紹介されました。カブレラストーンとは番組紹介の文を借りると「1961年、ペルー・アンデス地方を大豪雨が襲い、付近を流れるイカ川がはんらん。砂漠の砂が下流へ押し流され、奇妙な石が周辺から発見されるようになった。その石には約6500万年前に絶滅したとされる恐竜と、約500万年前に出現したとされる猿人が共存する光景が描かれていた。」とあります。
b0001870_1414264.jpg

上写真は沢山あるカブレラストーンの一つです。図鑑などでおなじみの恐竜が描かれています。確かに恐竜に見えます。それにしても何だか、小学生の落書きみたいな絵ですね。

このストーンで注目される点は、
・この絵が1万年以上前に書かれていること(考古学者フェルナンド・ラス・カサス博士分析)。
・武器を持った人間が恐竜と戦っている絵があること。
(中にはステゴザウルスが人間を加えている絵もある…、草食な筈なのに…。)

以上の事から、恐竜と人間が共存していた時期があるのではないかと言うことです。

また、この石以外にも世界各地でいくつか人間と恐竜の共存を示す品が見つかっています。
・メキシコのアカンバロで、5000年前に作られた「恐竜土偶」が発見。
・アメリカテキサス州グレンローズで、多くの恐竜の足跡が発見、その中に、恐竜の足跡の中に人間の足跡が発見された。
・1990年にはモンタナ州立大学の調査団が、完全に化石化していないティラノサウルスの足の骨の化石を発見。化石の中から血液の成分であるヘモグロビンを検出。つまりこれは、ティラノサウルスがごく最近まで生きていた可能性を示唆している。


このカブレラストーンには恐竜以外にも注目すべき絵があります。
・天体観測をする古代人の様子。(望遠鏡を覗いています。)
・人間から心臓を取り出す図(高度な医療技術があった!?)


この後、番組では超古代文明の存在について触れていきます。
…。

超古代文明の話になると必ず出てくる、1500年前に作られた黄金の装飾品がやはり今回も出てきました。これは見た目、ジェット機に見える代物でNASAの航空力学者は、空を飛ぶ上で理にかなった形をしていると報告。でもあんなのが飛ぶとは思えないが…)。
また、3300年前に建てられたエジプトの古代遺跡、アビドス神殿の壁にはヘリコプターや潜水艦、ピストルと思われるレリーフ。さらにカイロ郊外にある、2000年前に建てられたハトホル神殿の壁画には、フィラメントまで描かれた電球と思われるもの。そして、人工衛星からしか見ることができない矢印(ナスカの地上絵)。

それにしても、もし、飛行機(ジェット機)を飛ばせるぐらいの科学文明が存在していたとしたら、その痕跡が残っている筈なんだけど出てこないですよね。金属や樹脂、化学製品なんかが文明消滅とともに、綺麗さっぱりなくなってしまうとは考えにくい。石版や石像、石に書いた落書きは見つかるのに…。
[PR]

by saba_kan | 2004-08-27 01:41 | テレビ
2004年 08月 03日
ぎゃー!骨が出てきた!
今週も「TVのチカラ」を見たんだけど、霊能者:三由デコ氏の霊視とおりの場所から骨が出てきました。小さな沼からビニール袋が10袋くらい発見。その中の多数から、大量の骨が出てきました。

この骨が番組で捜索中の20歳女性かは未だ分からないのですが、もしそうなら、早く見つかって良かったです。あんな汚れた沼に沈んだままだったら可哀想過ぎます。

それにしても、デコ婆さんの霊視はすごい。前にも警察に協力して犯人逮捕に結びついたことがあるとのことで、今回も犯人逮捕まで頑張って欲しい。

そして犯人は自首するべし!どうせ捕まるよ!

今回の捜査には前回に引き続き捜査犬2匹が参加して、沼を泳がせで臭いを嗅がせていたけれど、水の中で臭いってどうなの?水中に潜る動作をしていたけど…。

人間の場合には、臭いを嗅ぐときは息を鼻から吸うわけだけど、水の中で息を吸ったらゲボゲボと…。
犬も水の中で息を吸ったらゲボゲボと…、ならんのか…?
[PR]

by saba_kan | 2004-08-03 01:23 | テレビ
2004年 07月 31日
「守護霊」って何の意味があるの?って思ってしまう。
「えぐら開運堂」を今週も見たけれど、見る度に「守護霊」の存在価値に疑問が生じていきます。

今回の相談者に霊が憑依している女性が出てきました。その女性自身は憑依されている自覚はありませんでしたが、霊能者:江原啓之は見抜きました、「彼女には元彼の霊が憑依している!」と。

彼女の元彼は事故であっという間に亡くなってしまい、自分が死んでいるという自覚がないそうです。そして、彼を思っている彼女に呼ばれるようにして彼女に取り憑いてしまったらしい。

その霊はこの番組で始めて自分が死んでいることに気がついたようです。
江原氏は「彼はさっきからこっちを睨んでいます、今はパニクっています」と霊視しました。
『えっ、オレって死んでるの!うそーん!聞いてないよ~!』といった所でしょうか。

とりあえず、江原氏は彼女から霊を引き離すことにしました。(後でちゃんと浄霊したようです)
霊を引き離すと、守護霊が出てきて語り始めました。

守護霊『憑依霊のおかげで、彼女は自分の意見を表に出すことが出来ませんでした、もう霊が離れたおかげで、これからは彼女本来の自分が出せるのでもう安心です。上手く進んでいきます。』
めでたし、めでたし。

※上記は番組を見た私の記憶を頼りに書いていますので、実際の放送内容とちょっとばかり異なるかも。

で、守護霊というのは、自分の守護している人間に憑いた霊を払うこともできないのかい?
本人があんなに悩んでいるのに、何のための守護霊なのかと…。
それぐらい出来たっていいじゃなーい、と思うのですが。

守護霊って「見守っている」のだろうけど、悪い言い方をすれば「見て見ぬ振りしている」のと
実質的にはかわらないのではと。

なんてこと言ったら罰が当たるかも!って罰は当たりそうだから怖いよな~。
[PR]

by saba_kan | 2004-07-31 02:04 | テレビ
2004年 07月 27日
スーパー霊能者登場!その名はデコばあちゃん!!
テレ朝「TVのチカラ」。この番組は現在進行中の事件をテレビを通じて解決していく番組で、
最近では行方不明者の捜索が主になっています。そして登場するのが超能力者。
これまで、警察機構などから協力依頼のくるような外国人超能力者が多数登場しています。

そして今回、東北地方最強の日本人霊能力者が登場。その名は三由デコ氏。おばあちゃん霊能者です。

デコ氏の元へ依頼者家族とスタッフが訪問、写真を見せるやいなや「いまここに来てます」といきなり霊との交信開始!(って、やっぱ死んじゃってんのかな)。

そして、家族しか知らない事実(「冷やし中華が食べたいよ~」って家族しかしらない事実ってこれか!)をずばり言い当てる!

そして、怪奇現象が発生!なんと、デコばあちゃんから水が噴き出す!。デコばあちゃんはみるみるうちに、濡れ濡れになっていきました。

でもこの「水」がキーポイントのようです。そしてもう一つキーポイントとしては、
デコばあちゃんが口走った「9,4,8,3」という数字。

んー、なんとか来週の放送までには解決して欲しいですね。
番組では、失踪者が死んだという雰囲気(ヨーロッパの3人の超能力者、デコばあちゃん、
いづれも死んでいると透視・霊視)で進んでいるけど、生きていて欲しい。

超能力者が透視した湖の底を、一生懸命探索するご家族の姿が、
切なくていたたまれない気持ちで見ておりました。
[PR]

by saba_kan | 2004-07-27 01:46 | テレビ
2004年 07月 24日
「えぐら開運堂」をみた。
毎週やっている「えぐら開運堂」を今週も見た。
(この番組は、霊能力者:江原啓之氏が霊視を用いて相談者のカウンセリングを行う。)

で、二人目の相談者がやって来たときに、江原氏と司会の名倉氏は相談者を見て、

名倉 「まじめそうな方ですね。」
江原 「いや、そうではなくて、この人のオーラを見ると『頑固』『気分屋』『短気』
というのが分かります。」
相談者「・・・。」


いや~、すごいカウンセリングだなぁ。
なかなか初対面の人に悩みも聞かずに言える台詞ではないなぁ。
[PR]

by saba_kan | 2004-07-24 01:45 | テレビ