カテゴリ:びっくりニュース( 22 )

2004年 07月 30日
謎の吸血獣「チュパカブラ」射殺される!
テキサス州サンアントニのエルメンドルフの農家にて家畜を襲撃していた奇怪な生物が
射殺され、チュパカブラではないかとして話題を呼んでいる。
体に毛はないらしい。
(http://www.woai.com/news/local/story.aspx?content_id=FAE91F84-A264-4AC3-8EA4-9097690CDEFC)
b0001870_11141.jpg

いやー、しかし、犬にしか見えない。
目撃談によるチュパカブラといえばもっと怖いイメージなのだが…。
b0001870_1143442.jpg

人の話には「尾ひれ」が付くのは仕方がないが、せめて目撃談にある「背びれ」はあって欲しいなぁ。
[PR]

by saba_kan | 2004-07-30 01:17 | びっくりニュース
2004年 07月 23日
死にかけたサル(一時心拍停止)が回復後、二足歩行するようになったそうだ。
このサルは、テルアビブ近郊にあるサファリパークの「ナターシャ」。
ウイルス性胃腸炎で重体になり、一時心拍機能が停止。その後回復。
しかし、ナターシャは歩く時に前脚を使わなくなり、後ろ脚だけを使い、
ぴんと背筋を伸ばした姿勢で歩くようになった。スタッフも吃驚。
(ソースはCNNなどttp://www.cnn.co.jp/science/CNN200407230016.html)
b0001870_2151446.jpg

獣医の話によると、疾病による脳の損傷によってこうなったかも知れないとのこと。
よくマンガで「頭の打ち所が良すぎて天才になる」なんてネタがあるけれど、
なんかそんな感じ。
もしくは、臨死体験によって悟りでも開いたかな。
[PR]

by saba_kan | 2004-07-23 21:10 | びっくりニュース