2004年 10月 10日
アメリカで宇宙人の子供が育てられていた!
【ニューメキシコ州タオス発】
 1993年9月のUFO墜落事故でショッキングな事実が暴露された。
 宇宙船に乗っていた4人の乗組員が黒こげになって発見されたのだが、その時、赤ん坊がただ一人、生き延びていたのだ。
 このたび、ニューズ誌にこの事実を明かしたのは、政府関係の精神科医をしており、その赤ん坊の5年間にわたる育児に深くかかわってきた人物である。
 匿名を希望する精神科医は、「赤ん坊は成長し、5歳の少女になっています。優しい看護婦に母以上の愛を受け、幸せに暮らしています。ところが、政府は研究のために少女を住み慣れた家から離し、慣れ親しんだ看護婦から引き離して、ワシントンの実験室に連れていく計画を立てているのです。この子の安全を守るために事実を公表することに決めたのです」と説明した。
 5年前、政府は、黒こげになった宇宙船から発見された見慣れない赤ん坊の扱いに苦慮した。相談の末、赤ん坊が生まれた惑星に似ていると思われる環境---砂漠地帯---の研究室に移し看護婦を1人つけたのだ。看護婦はその赤ん坊を優しく、厳しく、細心の注意を払って育ててきた。
「そのおかげで少女は素晴らしく成長しました。知能が非常に高く、高度な数学をマスターし、17か国語話します。IQは5歳で180という以上に高い数字を示しています」と精神科医は語る。
b0001870_16425774.gif
このたび、少女の並外れた知能に関心を持った政府が、少女を科学的に研究するためにワシントンに連行しようとしているのだ。
 「少女が今、看護婦から離されたら弱りきって死んでしまうでしょう」と語る精神科医は、看護婦の名前を明かすことは拒否したが、少女の様子を次のように説明した。
 「年の割には体は大きく、アーモンドのような目をしています。頭に毛はなく、尖った耳と小さめの鼻を持っています。長い指の先端は細く尖っていて、肌はツルツルしていて抱きにくいので、看護婦は抱き締めるとき、吸着装置を使用しているそうです」
 そして、最後に「私は見識あるアメリカ国民に訴えたいのです。政府がこの少女を住み慣れた家から移さないよう皆で訴えてほしいのです」と結んだ。
平成10年9月22日付 東京スポーツ 9面より
(http://eccp.to/eccn/ts12.html)

5歳でIQ180、17カ国語を話す…。やはり宇宙人って頭いいんですね。
[PR]

by saba_kan | 2004-10-10 16:44 | オカルトめも


<< 光柱現象      宇宙人がジーコジャパンを見学 >>