2004年 09月 03日
驚愕技術!背中で顎を育てる!
癌の手術で失った顎に、自分の背中で育てた下顎の骨を移植する手術が成功しました。
手術と手術後の経過の概要が2004年8月28日のLancet誌に発表されています。
まず3Dスキャンによって、失われた下あごの部分の立体構造を視覚化し、その立体構造をもとにしてテフロンで下あごの鋳型を作ります。このテフロンの鋳型をチタンの籠で覆い、テフロンを取り除いた後に骨髄細胞でコートした骨塩をチタンの籠の中に充填します。
骨塩と骨髄細胞が詰まったチタンの籠は患者の肩甲骨の下に移植し、7週間経った後に取り出して下あごの部分に移植されました。
下あごの移植手術から4週間以内に患者は固形物を噛み砕いて食べることができるようになりました。
(http://www.biotoday.com/view.php?n=4500)

b0001870_1033039.jpg
写真(http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/3598710.stm)


いや~もう、なんでもありの世の中になってきました。
[PR]

by saba_kan | 2004-09-03 10:34 | 雑学的ニュース


<< 田んぼに巨大ドラえもんが現る!      浅間山の「火映」現象 >>